小林製薬のグルコサミンの秘密について知る|健康体を維持するコツ

目の機能をサポートする

目頭を押さえる男性

効率を考えて摂取する

眼精疲労とは、目の使い過ぎによって体に様々な支障が出ることです。目が疲れてくると充血や乾燥、ショボショボするなど目を中心とした症状から、頭痛や肩こり、吐き気など様々な症状が出ます。眼精疲労を癒すには、適度な休憩やマッサージ、温めて血行促進をすることなどが大切ですが目に良い栄養成分を摂取する必要があります。目の働きを助ける成分としては、アントシアニンをはじめ、ビタミンAやビタミンB群、ルテインなどがあります。これらの栄養成分を効率よく摂取していくことで、目の働きをサポートして眼精疲労を防ぐことにつながります。食品やサプリメントを上手く取り入れながら効率よく摂取できるようにしていくことが大切です。

目を休ませる

眼精疲労は、パソコンやスマートフォンなどデジタル機器を日常的によく使う現代では多くの人が悩まされている症状の一つとなっています。症状がごく軽いうちは、休憩を取ったり目を休ませることで症状が改善されますが慢性化したり重症化すると視力が極端に低下したり目が開きにくくなるなど日常生活に支障をきたす可能性もあります。サプリメントで補いながら、目を酷使する作業をする時は適度に目を休ませることも大切です。目元を温めると血行が促進されるので、疲れが改善しやすいと言われています。一点を集中して見ると目の筋肉は凝り固まるため、眼球を上下左右に動かすなどして適度に目の運動をすることも症状改善や予防につながります。